スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イモカン 

頑張れ、ムーン!


5/1の記事で紹介させて頂いたTV番組「夢の扉」で、健気に頑張るムーン君をご覧頂いた方も多いかと思います。
小生も家族と共にTVに齧り付きで見ました。

そして、ムーン君と同じようにハンデを負った犬が数多くいるかと思うと胸が詰まります。
一方で、コパンの渡邊先生のように熱心にリハビリを指導される方がいるというのも心強く感じました。
小生は何も出来ませんが、これからもムーン君達を応援して行きたいと思います。
皆様方も是非暖かいご声援をお願い致します。


さて、皆様はこの連休を如何お過ごしになられましたか。
小生は、連休中を、ずーーーっとアジの練習をして過しました。

5/3から昨日の5/6まではクラブでレッスンを受け、そして仕上げは本日のクラブコンペです。
メンバーの中でも、この5日間、休み無く出勤?の皆勤賞は小生だけです。
そんな小生を捕まえて、WHITE WELLの御大S先生は「プーちゃん、皆勤賞で頑張ったのに逃走しちゃったら、その後は来なくなったなんてことにならないでよ。」なんて茶化すのです。

もちろん言いましたよ。
「完走できるまで何度でも挑戦します!」と。

さて今日のクラブコンペはセミナー形式。
S先生の講義の後に、ハードルをジグザクに並べてバックスイッチの練習です。
ハンドラーは、左右交互に並んだハードルの間を真っ直ぐ走りながら犬を旋回させるのです。
S先生曰くハンドラーの走るスピードの強弱をつけて犬を前に走らせるのがポイントのこと。

しかし・・・
Poohと小生にとっては、まずは脱走しないで走れるかがポイントです。

一回目、二回目、ともに期待通りに大脱走!
フィールドを突っ切って、駐車場まで逃走してしまいました。
(動画が無くて申し訳ありません。)

そんなPoohを見かねて三回目のチャレンジをする際に、S先生から思わぬアドバイス。
「犬と一緒にゆっくり歩くようにしてごらん。そして犬に自信をつけさせてあげよう。」と・・・

一緒に歩けとな!?
さては『イモカン』をしろと?


『イモカン』と言う言葉を聞いても分かる方はまずいないだろうと思いますが、『イモカン』とは、スキーのレースで、完走だけを目指して芋虫のようにゆっくり滑ることを言うのです。

もともとアジのコースを見るとやたらとテンションが上がって、突貫小僧のようにスタートするのが魅力のPoohに、イモカンをさせるのは気が引けるのですが、このまま脱走を繰り返していても埒が明かないので、アドバイスに従うことにしました。

するとビックリ!!
小生が横をトコトコと歩くと、Poohの集中力が増して脱走をしないのです。
所々、ハードルの横を通過してしまうことはあっても、呼び戻しにも反応して比較的イイ感じです。

動画でご覧戴くとこんな感じです。





一発玉砕型のPoohも捨て難いものがありますが、まずは基本を身に着けなければならないのですから、今日は大いに成果ありです。

因みに脱走防止のもう一つのポイント
実は、今日のPoohママは、「巨人の星」の星明子(飛雄馬の姉)の如く、車の中から隠れるように見ておりました。(爆)

Poohママの姿が見えると脱走するPooh。
Poohママが見ていても、脱走しなくなる日はいつのことやら。
先は長いよ~ん!!


で、帰ってからのお勤め。


シャンプー&ブローは大っキライ! by Pooh


Poohのシャンプー&ブロー。
シャンプーとブロー、Poohママとどっちを担当をするかで揉めましたが、疲れるブローは小生と相成りました。

「Poohはお父さんに付き合ってあげているんだから、手間の掛かるブローはお父さんの役目!」と言うのがその理由です。

そんなのって、ありか~っ!?

柔よく剛を制す 

『柔よく剛を制す!』
古来から柔道などの武道でよく使われる言葉です。

しかし近年のスポーツは、相撲や柔道の無差別級のように、体の小さい者も大きい者も関係なく勝負すると言うことは稀で、体重や体の大きさによる階級別に分かれることが殆どです。

アジリティもしかり。
犬の体高別によって競技が行われます。
さて未だOPDESの競技会には参加したことがないPoohは、どのクラスに該当するのでしょうか?

そこで本日測ってみました。
小生がPoohの体を抑えて、先生が測ってくれたところ結果は・・・

34㎝!

ガビィーーーン!!
と言うことは、ミディアムクラスじゃ~!!

アジの体高別クラスは

スーパーミニ ・・・主にチワワ、ミニチュアダックス等
ミニ       ・・・トイプードル、コーギー等
ミディアム   ・・・シェルティ、柴犬等
スタンダード  ・・・ボーダーコリー等
ラージ      ・・・大型のボーダー、レトリバー等

に分かれます。
トイプードルは一般的に体高30㎝以下のミニクラスが多いところ、Poohは30㎝を超えていた為に堂々のミディアムクラス。

おいおい、柴がライバルかよ~。。。
どう見ても体の大きさと言い、筋肉の付き方と言い、Poohが同じクラスに入るのは厳しいんじゃないの~。
とガックリ来た小生なのでした。

でも、既に結果を予想していた先生は、「Poohちゃんは練習でミディアムクラスの高さである40㎝のハードルを跳べてるから大丈夫ですよ~。」と言うのです。

ならばやってやろうじゃないの!
柴犬がナンボのもんじゃい!
シェルティ?まとめてかかって来なさ~い!!


日本のプードルは
『柔よく剛を制す』なのよ~ん!
な~はっはっは


と自分に言い聞かせたのですが、「Poohのどこに『柔』と言える技があるの???」と言う突っ込みが聞こえてきそうです。
まぁ、それは置いといて、兎にも角にもでかプーのPoohはミニクラスで走ることは無いと言う事実は確認できました。

ならば腹を括って練習あるのみ!


では、恒例の動画。
今日はタッチ障害(シーソーとドッグウォーク)を採り入れた練習です。




暑い中にあっては、まぁまぁの成果かな?
よっしゃ、Pooh!
この調子で、ミディアムクラスでも頑張ろうな!!




クラス別って、そう言う事じゃないんだよ~。Poohたん。


そうじゃないっつ~の!!

ズタボロ 

今朝の散歩でのある一場面。
Poohが突然フリーズしてしまって、動かなくなりました。

何故だ?と思ったら、Poohの視線の先には、かなり歳の行ったオバサン3人組がたむろして、デカイ声で世間話をしていました。
どうやらPoohの目にも、オバサン3人組は異様に見えたらしいのです。
確かにあの光景は怖い!ブッ!


さて今日はノービスのレッスン。
汗ばむような快晴で半袖姿で練習に励みました?
それで成果はと言うと・・・
ズタボロ!

セットされたコースを検分し、いざスタート。
しかし最初のハードルを跳ぶと、あらぬ方向へまっしぐら!
そしてフィールドの端に置いてあったトンネルに入って出てきません。

その後も決して難しいコースではないのに、ハードルを避けて通り、スラロームはまるで忘れてしまったかのようにハチャメチャな動き。
一体、どうなってるのよ~。
これなら1ヶ月前の方が、よっぽどマシな走りをしていたわさ~。

それでも先生に言わせると、大半は小生に原因があるそうです。
例えば、Poohの走行ラインを曲げる時に体の向きを回転させるのが遅いとか、スピードに乗って走らせる場面でPoohに近づき過ぎるとか・・・

でもね~、あれやこれや言われても同時に出来ないんですよね~。
はぁ~。。。

そんなこんなで、次回のクラブコンペも脱走⇒失格は間違いなさそうです!(爆)
でも、このブログをご覧の皆さんは三度珍プレーが見れるだろうと楽しみが増えたのではないでしょうか・・・


そんな調子でしたので、今日はPoohのアジの動画はありません。
そこで今日はちょっと違うものを・・・
Poohが通っているアジスクールのアイドル、ボーダーのモスコちゃんです。





まだ3ヶ月と言ってたかな?
でも大きさはPoohと同じ位になっています。
そしてもう一頭。
モスコちゃんを相手に吠えるポメラニアンのシンゴ君




モスコちゃんより少しお兄さんらしいのですが、小っちゃくて可愛い!
どちらも先生が世話をしているパピーちゃんです。
こんなに愛らしい子犬なのに、いずれバリバリのアジリティドッグになるのでしょうか。


Poohも負けないようにシッカリしなきゃな!


きつーーい、お言葉


あい、仰るとおりで・・・
ガックシ!


お頭のキャパシティ 

もうダメ!
体がダルダルです。


今日はオビディエンスとオープンのレッスンを立て続けに受けてきました。
丁度昼時だったので、昼飯抜きで2時間動きっ放し。
さすがにイイ歳こいた中年オヤジにはオーバーワークです。

これで少しは進歩があればイイのですが、自分の足りないところを再認識するばかりで、上手くは行かないもんですな~。

実はこのところの練習で、ある事に気が付きました。
先週初めてAフレームとドッグウォークの練習をしたのですが、それが出来るようになったかと思ったら、スラロームが出来なくなってしまいました。

そして今日は初めてソフトトンネルをやったのですが、これをクリアー出来るようになったと思ったら、今度はAフレームを怖がって避けてしまうのです。
「なんだよ~! 先週やったばかりじゃん!!」
と思うのですが、どうやらPoohはそんなことは忘れてしまっているようです。
それでAフレームも首輪を持ちながら誘導するところからやり直し。
世話が焼けます。

そこである仮説が浮上します。
Poohって、幾つものことを覚えていられないんじゃないか?
要は、お頭のキャパシティが限られているのではないか?と・・・

いや、そうに違いない!

小生だって、新しいことを覚えようとすると右から左へ見事に抜けて行くのですから、このお馬鹿犬が、あれやこれや色々な事をこなせるはずが無いのです。

とするならば、『アジリティは向いていない?』
・・・かもね!?
でもお馬鹿さんが一生懸命やっているのも微笑ましいと思いません?
と言うことで、「頭で覚えられなければ体で覚えろ!」とばかりに、「訓練あるのみ!」と心新たにする小生なのでありました。

では今日の動画。
かろうじてソフトトンネルとAフレームがクリアー出来るようになったPoohです。






本当はこの後も障害があるのですが、Aフレームのタッチゾーンを踏ませる為のご褒美のフードが置いてあると思い込んで止まってしまいます。
それに白いタッチゾーンは飛び越えているし・・・
これって、コンペなら減点だよね。
あはははは。


はぁ~、毎度のことだけど
こりゃ完走への道のりは長そうだ・・・!



ノンビリ一歩一歩ね♪


だな!
たまにはイイこと言うじゃん!

タッチ障害に挑戦 

で、出ない!
冷気が出てこないよ~~~!


我が家の愛車『デリカ号』のエアコンがイカレポンチになってしまいました。
運転席左側のエアコンの噴出し口からは風が出てこないし、右側からも突然冷気が止まって、生ぬるい風ばかりが出てくるのです。
エアコンのガスが無くなったのか?それとも故障???

エーーーン!!
困ったぁ~~!
これじゃ~、夏を越せないよう!!
さすがにもう直ぐ13年目に突入しようかというオンボロ車だとガタがきてるのかな~?


さて、そんな最中、2週間振りにアジの練習をして来ました。
今日はオープンのレッスン。
参加した4頭を2頭ずつに分け、「Aフレームを含むコースと、スラーロームとドッグウォークを含むコースに分かれて練習します。」とY先生。

「せんせ~い、ちょっと待ったーーーっ!!
 PoohはAフレームもドッグウォークも一度もやった事がありませ~ん!!」


すると一同、「えぇーーーー!!」と驚きの声!

何で???
と思う小生を尻目に、「じゃ~、頑張ってやってみましょう!」と笑顔で軽く言ってくれちゃうY先生。
「本当?大丈夫かいな~!?」と不安になる反面、新しいことに挑戦出来てこりゃ楽しみだ!とウキウキする小生なのでした。

でもそんな心配も杞憂に終わりました。
最初は登るのを躊躇ったPoohも、一度クリアーしてご褒美のフードを貰うと打って変って楽しそうに登って行きます。
やれば出来るもんですね~。
そしてリードを外してもAフレームやドッグウォークをクリアすると、他の皆さんから歓声と拍手!
自分の事のように喜んでくれるメンバーさん、本当にイイ人達です。


そして練習の後半は全ての障害を連続して走らせるところまで行きました。
Aフレームもドッグウォークもクリアーして行くPoohが、何となく頼もしく見えたのは気のせいでしょうか。
後はバックスイッチを如何にスムーズに行うか。
相変わらずつっかえて、Poohが戸惑いを見せるのはバックスイッチをする箇所です。
この壁を越えられれば、走るリズムもグッと良くなるんですがね~。

と言うことで、今日の動画はAフレームに挑戦するPoohです。
練習後でお疲れなのか、テンションが下がり気味ですが何とか走ってくれました。





ところで今日は Poohの2歳の誕生日!
早いものです。
パピーカットの黒々としたPoohが我が家に来たのが、昨日のことのように感じられます。
あれから2年近い歳月が経ち、Poohも巨大化!
今やウェイトコントロールの為?に小生と一緒に走る仲になってくれました。
そんなPoohですが、今日は何かご馳走でも貰えるのでしょうか?

Poohママに聞いたら、「忘れてたから何にもな~い!」だって。ぷっ!
可哀想に忘れられちゃったな、Pooh!
でも、自分の誕生日なんて意識して無いだろうから、まぁイイっか!?

ひゃはははは。



忘れられた誕生日。でも知らぬが仏!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。