スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱力注意報発令中 

我が家の天気予報士はお馬鹿犬




抜け殻オヤジは粗大ゴミ?




お馬鹿犬のキツ~イ一発!



あ゛ーーー!?
誰が粗大ゴミだって!
どアホーーー!!



しかし痛い!
あまりに痛すぎる!!


W杯日本VSオーストラリア戦の結果はご存知の通り、1-3の完敗!
2点差をつけられての敗戦は決勝トーナメント進出を目指す日本にとって、奈落の底に片足を突っ込んだも同然です。

それにしてもここまでやられるとは・・・
正直日本が勝つとしたら1-0だろうと予想していました。
何故なら得点力のない日本の攻撃陣が点の取り合いで勝てるとはとても思えなかったからです。

そういう意味では、W杯ならではの緊迫した試合の中、後半30分頃までは予想通りの展開だったのですが・・・
でも結果はこの通り。
何がいけなかったのか?

試合は両チーム共に相手のストロングポイントを消すことから始められていました。
オーストラリアは、日本の中盤を自由にさせない為に、俊輔とヒデにマンマークをつけて執拗に削ってきました。
そして日本はトップのビドゥカにくさびのパスが入った際に2列目からの飛び出しをケアする為に、全体的に引いてスペースを消すことに細心の注意を払っていたのです。

ある意味、大事な緒戦の戦い方として当然の成り行きかもしれません。
しかしここで注意したいのは、どちらが本来のスタイルからかけ離れていたかと言うこと。
すくなからずオーストラリアは体力を生かしたサッカーを貫いていたのに対し、日本はポゼッション(ボール支配率)を捨ててカウンターサッカーを選択していました。
アジア大会でもこのようなカウンターサッカーで成功している訳ですが、これはW杯。
アジアカップとは相手もレベルも遙かに違うのです。
ディフェンスの文化がないと揶揄される日本が、この戦法で90分を凌ぎきれるのか?
小生は少なからず期待と不安を抱きながら、TVの画面に向かって声援を送っていました。

そんな中、暑さも相混ざったこうした戦いで、体力の消耗が激しくなる後半に勝負所が訪れるのは自明の理な訳ですが、両監督の采配は実に対照的なものでした。
オーストラリアのヒディングは、早い時間から積極的に攻撃的な選手を繰り出しチームに活力を与え続けたのに対し、日本のジーコは足が止まってこぼれ玉に反応出来なくなっている俊輔やヒデを代えずに、漸く柳沢を下げて小野を投入。
恐らく中盤を厚くして俊輔やヒデを助けようとしたのだと思いますが、トップが高原一人になったことによって前線でボールキープが出来ず、逆に自陣ゴール前に押し込まれる結果に・・・

同点弾を食らった場面で川口が飛び出したにも拘らずボールに触れることが出来なかったのはミスと言わざるを得ないのですが、あそこまで押し込まれた時間が続けばいつかは点を取られます。
むしろ川口はスパーセーブを連発して本当に良くやっていたと思うのです。

むしろ、最大の敗因はシュート力の違いじゃないでしょうか。
ゴールマウス内に強烈なシュートを何本も放ったオーストラリアに対し、決定的な場面でもまともにゴールマウス内にシュートを蹴れない日本。
これでは一度や二度は僅差で勝つことがあっても、W杯で勝ち上がっていくことは不可能だわさ。


総じて昨晩の選手は良くやったと思います。
でも監督を含めて力が不足していた。
そう言わざるを得ないでしょう。

せめてクロアチア戦は、リアクションサッカーなんて止めて、日本らしい早いパス回しからの攻撃的なサッカーをして欲しいな。
将来の布石を打つためにも、日本の確たるスタイルって何なのか!?
それに応える試合を見せて欲しいと願わずにはいられないのです。


ところで・・・
何でこんな真昼間の時間にブログを更新してんの?
と不思議に思われる方もいるかもしれないので・・・


今日は勝利の余韻を楽しむ為に
振替休日を取っていたんだよ~~~!

それなのに・・・
あうぅぅぅーーーー!!



スポンサーサイト

コメント

放送も負けていた

mmhomeさん、こんちわ。
昨日の試合は、本当に「はがゆかった」です。
後半は解説聞いてても勝てる気がしませんでした。何しろ「1点を守る話」しかしていませんでしたし…。もしもこの放送が深夜2:00とか3:00からだったら、今日の日本の国内総生産はガタ落ちだったと思いますよ。

勝利の余韻が、敗因の分析と変わってしまいましたか(残念)

決定的に日本のシュート数は少なすぎる!
明らかに、今!ってチャンスを逃してる場面が多々ありましたよヾ(℃゜)々

もっと、積極的に攻めて欲しかったなぁ

昨日の試合はガックシです。

クロアチア戦はもっと、攻めの日本を見せて欲しいです。

なんのなんの。
POOhぱぱ、まだ落ち込むのは早過ぎですぜ!
あのWBCの奇跡を思い出しましょう!
日本にはいにしえの神々が憑いて付いているのですから~♪
念力 <<<<<<(人0 ̄)>>>>>> はぁぁぁ

⇒まんぞぉさん

そうですね~。
本当にはがゆかったですね~。
一晩寝ても、小生は昨晩のショックから立ち直れないのに、深夜の放送だったら・・・
日本国民の思考は完全に停止してしまうでしょうね。(笑)


⇒Rinママさん

そうなんです。
敗因分析の為に休みを取った訳じゃないんですけどね~。

シュート数が少ないのも戦い方が消極的だったからと言われても仕方ない結果でしたね。
せめてクロアチア戦では、日本国民が納得するような戦い方をして欲しいですね。

⇒スカイさん

おぉぉーーー!!
スカイさんはポジティブですね~。
WBCの奇跡?
確かに!!!
クロアチアがどうした!
ブラジルがナンボのもんじゃい!!
でも一つだけ不安が・・・
監督の交代枠も用意して欲しいな~。

振り替え休日までとっていたんですねぇ!私も休みたい気分になりましたよ・・・なかなか寝付けずv-390pooちゃんは慰めてくれました?

悔しすぎて泣きそうです(´_`。)グスン
お先真っ暗と言いたいところですが、まだまだ諦めてはいけませんね。
連勝の可能性も無きにしも非ず。
4年に一度の祭典をもうちょっと楽しませて欲しいです

ジーコさん交代が遅いよ~
ヒディングを見習いなさい

一番の敗因は、プーちゃんとドナを
代表に選ばなかったことですっ!
ジーコのカバ・・・。
mmhomeさんが監督だったらよかったのに~!!

⇒モカママさん

そうなんです。
先日の休日出勤の振替休日をこの日にわざわざ合わせたのに、残念!

>pooちゃんは慰めてくれました?

いや~、Poohは睡眠を邪魔されて迷惑がっていたと思いますよ。(笑)


⇒かずさん

ホント、泣きそうですよね~。
小生も絶望的な気分でしたが、奇跡への再挑戦と言うのもイイかな~なんて、今は開き直れて来ました。

小生も言いたいです!
シーコ君、足を引っ張るのだけは止めてくれ!と。


⇒らりさん

名無しの権兵衛さんはらりさんですね。(笑)
仰るとおり!!
ドナちゃんとPoohの快速ツートップなら、カウンター攻撃もビシっとハマッていたはず!?

小生が監督?
ぬはははは~!
それはさすがに無謀です。(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bakuso.blog35.fc2.com/tb.php/120-a2b90ac8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。