スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出張土産 

あ~疲れた。。。

今日は大阪への日帰り出張で先程帰ってきたところです。
さて、仕事で大阪に行くと決まって買って帰るのがこれ。


大阪出張のお土産は毎度お馴染みの赤福

伊勢名物『赤福』です。

伊勢名物なに何故にあたかも大阪名物のように売られているのか???なのですが、毎度これを買います。
他にも大阪名物は沢山あるのでしょうが、考えるのが面倒臭いのです。
それに家族からも大阪に行く度に、「お土産は赤福でいいからね♪」と言われることも理由です。

しかし良く考えると、それってどうよ!と思ったりもするのです。

だってですよ、小生は遊びに行く訳ではなく仕事に行くのです。
なのに毎回小生のなけなしの小遣いから家族の為に土産を買わなければならないのは少々釈然としないのです。

むしろ出張から帰ったら、
「ご苦労様でした。お風呂にしますか?それとも食事にしますか?」とか、「お父さん、疲れたでしょうから肩でももみましょうか?」なんて優しい言葉でも掛けるのが筋ではないのか!?と思うのですが、そんな気遣いなど我が家には “皆無” なのです。

皆さんのお宅では如何ですか?
やっぱり「父ちゃん元気で外がイイ!」なのでしょうか?

あ~ぁ、世も末だね!

なぁ、Pooh!
オカシイと思わないか?



図星を突くのは止めましょう!

あぅーーー!!
それを言っちゃ~お終いよ~!
スポンサーサイト

爆走!クラブコンペ 

クラブコンペデビューを前に何を思う、お馬鹿犬

Pooh、衝撃のデビュー!

今日はPoohが通っているアジスクールのクラブコンペ、
WHITE WELL クラブコンペ』 に参加する為、秋が瀬公園に行って来ました。

クラブコンペと言っても正式な競技会ではなく練習会です。
それも通常は競技会形式の練習会なのですが、今日はセミナー形式。
Poohが初参加するので気を使ってセミナー形式にしてくれたのでしょうか?

それも午前はノービス・1度レベルのワンコ、午後は2度・3度レベルのワンコに分けての開催でした。
もちろんPoohは午前の部。
朝8時前に現地に到着すると他のメンバーさんから、「やったね♪ Poohちゃん、いよいよデビューだね♪」なんて祝福?されて、なんだか気恥ずかしい気分です。


さてコンペの内容ですが、最初の1時間強はS先生の講義とセッティングされたコースの検分とハンドリングの説明です。
説明によれば、概ねノービス2度レベルのコースだそうな。
Poohには少々難しいセッティングです。
でもまぁ、最近の練習成果からするとつっかえながらも何とかなるかな~くらいの感覚でした。

そしていよいよ犬を走らせるためにスタート地点へ集合。
ところがここで問題発生!
これだけの沢山の人と犬に囲まれたPoohは極度の興奮状態
小生のコマンドも耳に入らない様子。

漸くなだめたものの、何だか “イヤ~な予感!”
そして、いざスタートしたものの・・・





結果はご覧の通り。。。
最初の障害もクリアーせずに脱走するとは・・・
そんな犬どこにいるんだわさ~!


更にやり直した後も脱走を繰り返し、Poohママの下に逃げ込んで先生に連れ戻されるわで...こりゃたまらんね~!!
昨日までのレッスンの走りからは想像もつかない衝撃のデビューでした。

さすがお馬鹿犬Pooh!!期待に違わぬ走り?をしてくれるわな~!


その後はタッチ障害の練習に移行。
Poohは初めてシーソーにチャレンジしました。

でもこれが直ぐに出来るようになって小生もビックリ!
お馬鹿犬に似合わず初物は結構呑み込みが早いんですよね~。
その後慣れて来たところで、シーソーをクリアーした後にハードルを組み合わせる練習に進んだのですが・・・





やっぱりオマケが付いてきた!
それも隣の練習の邪魔だてつきで
...

今日はとことん小生を無視して脱走を企てるつもりらしい。。。
おのれ!お馬鹿犬めーーー!!


そんなこんなで派手に脱走を繰り返したPoohのクラブコンペデビューは無事?終了
一緒にやっていた小生も祈るような気持ちで見ていたPoohママも “ドッと” 疲れが襲ってきました。

でもまぁ、これがPoohのキャラだから仕方なかんべ~。

競技会への道は遠い道のりですが、最初から分かっていることだからショックはありません。
むしろこんなPoohを見て楽しんで頂けるなら、それもまた良かれと思うのです。

なんつったって、このブログのタイトルは

『爆走!トイPooh伝説』なのですから。



夫々あらぬ方向を見つめるオヤジハンドラーとお馬鹿犬の駄目ペアー

褒め言葉よりオモチャ 

いや~、怖い怖い!
本当に怖いね~、パソコンは。


実は昨日、「姉宅のパソコンが突然起動しなくなった!」と、PoohママからSOSのメールが仕事先に舞い込みました。
姉宅には就職活動真っ只中の姪っ子がいて、メールが使えないとエライことになってしまうと小生に助けを求めてきたのです。

何だか訳が分からんが仕方ないと仕事を終えて姉宅へ。
早速問題のパソコンと向き合ったのですが、確かにWindowsが起動しない。
セーフモードで立ち上げようとしてもDOS画面から一向に進まないのです。

こりゃダメだな!

聞けばメーカーのサポートセンターにも相談したけど、「リカバリーディスクで出荷状態に戻すしかないのでは。」と言われたそうな。
もはや復旧は不可能と腹を決め、リカバリーディスクでリストアを決行することになりました。
ただ幸いに富士通のPCはレスキューバックアップという機能があって、不具合が発生した後でもユーザーデータのバックアップを取ることが可能だったのです。

その後数時間リストア作業に没頭。
全ての作業を終えてメールも見れるようになったのは夜中の3時半でした。
昨年の10月に購入したパソコンだと言うのに僅か5ヶ月でOSが壊れるとは本当に当てになりません。
これを対岸の火事と思っていると痛い目に遭いますぞ。
皆さんも気をつけましょうね。


さて、今日は眠い目を擦って、アジスクールのオープンのレッスンに行ってきました。
内容はスラロームを中心とした練習です。


スラロームはお手のもんだよ~ん?

最初はテンションも高かったPooh。
だけど暫くするとテンションも下がって、トコトコ歩き。
どうしたんだべ!と思っているうちに今度はスタートの合図も無視!
「ボク、やらないもんね~。」ってな感じです。

出来るとちゃんと褒めてあげているのに一体何なんだ!!

でも間もなく理由が分かりました。
オモチャをご褒美に貰えなかったのが気に入らなかったらしく、イジケていたのです。

途中からご褒美にオモチャを与えるようにしたら、見違えるように変身!
走るスピードも上がって、ハードルやスラロームも生き生きとクリアーするじゃあ~りませんか。
しかし、これってどうよ。。。


お馬鹿犬にとってのご褒美とは・・・

『飼い主の褒め言葉よりオモチャ』がお好みだそうです。

だぁーーー!!
可愛くねぇーーー!!


お世辞でもイイから、飼い主が褒めたら喜べよな~!
あぅーーー!!



それでは最後に恒例の動画、今日のPoohの走りです。






重圧の向こうに 

タイムリーヒットだ!今江ーーー!!

タイムリーヒットだ!今江ーーー!!


つられて応援?お馬鹿犬



横っ飛びキャッチだ、川崎!ファインプレー!!

川崎!ファインプレー!!


野球が分かるの?お馬鹿犬



さすがイチロー!
キューバの追撃を振り切るダメ押しタイムリー!!


さすがイチロー!貴重なダメ押しタイムリー!!


エラーを挽回!
神の手タッチだ!川崎!!


エラーを挽回!神の手タッチ!!


そして歓喜の瞬間!

日本!世界一!!

歓喜の瞬間!世界一だぁーーー!!


お馬鹿犬も歓喜の雄叫び!?



凄い試合でしたね~。
どちらのチームにも、決勝戦の重圧がズッシリ圧し掛かっているのがヒシヒシと伝わってきました。

最初にその重圧に苦しんだのはキューバ。
数多くのタイトルを持つキューバにしても試合の立ち上がりは相当緊張しているようでした。
そしてそこにつけ込む日本!
簡単に打たずに粘って塁に出ると、足を絡めてイヤらしい攻めを展開。
でもこういう攻撃が正しく日本の野球です。

そして終盤、リードしている日本が追われる立場の重苦しい重圧を感じるとたまらずエラー!
これを機にたたみ込むキューバ打線の集中力もさすがでした。
でも、幾つか犯したエラーは起こるべくして起きたものです。
何故なら川崎を始めとした若い日本選手は決定的に経験が不足しているからです。

それでも勝てたのは何故か!?
それはこの重圧の中でも相手より、より持ち味を発揮したからと思うのです。
具体的に言えば5回表の攻撃で、送るべきところで里崎が送りバントをキッチリ決め、一死二・三塁でランナーを返す為に小笠原が犠牲フライを打ちましたね。
そして9回表には前進守備のキューバ守備陣をあざ笑うかのような西岡のプッシュバント。
派手さは無いけど確実性と細やかな技術でキューバ投手陣を打ち崩したその攻撃は、間違いなく長年に渡って積み上げてきた日本野球そのものでした。

こうして振り返ると自国の特徴・スタイルを確立しているという事が如何に大事かが分かります。
そういう意味では、サッカーの日本代表も強豪国と伍して戦い、世界の頂点を目指すようになるべく、一日も早く、日本サッカーのスタイルを確立して欲しいと思わずにはいられません。

その一方で、今大会の運営の未熟さは目に余るものがありました。
決勝戦は、あのボブちゃんが目立たなかったので良かったですが、審判員の選出方法、勝ち上がったチームの組み合わせ方法、そして開催時期など傍から見ても疑問に思うことばかりでした。

それに参加国・地域が16と言うのも少ない!
サッカーW杯なら地区予選を含めれば191もの国・地域が参加するのです。
数を見ても野球がサッカーに比べて如何に普及していないかが分かります。
だから、アメリカ向けの大会運営などと揶揄されることの無い真の世界大会を目指し、関係者も改善に努力して欲しいものです。


まぁ講釈はこの位にして、今日は皆で喜びましょう。
何はともあれ、野球を通し“日本ここにあり!” と高らかに示したのですから!


日本!バンザーーーイ!!


日本!バンザーーーイ!!




いつからテーマが変わったのか?このブログ!

あはははは。
そんじゃ、ついでにタイトル名も変えちゃおうか!

『爆勝!プロ野球伝説』
なんちゃって~。エヘッ!

春の嵐は勝利の風 

代打福留の会心の一撃

春の嵐が勝利を呼ぶのか
はたまた勝利が春の嵐を吹かせるのか


WBC準決勝は、6-0で韓国を撃破!

日本国民も溜飲を下げる思いではなかったでしょうか。
小生も今日は久々にTVの前で燃えました。
こういう緊張感のある試合は面白いですね~。
特に上原のピッチングはエースに相応しい内容でしたし、不振の福留の先制弾には思わず“よっしゃーーー!!”と声を張り上げ胸のすく思いでした。

でも勝ったとは言え、まだまだ手放しで喜ぶ訳には行きません。
何故なら、九死に一生を得て準決勝に駒を進めた日本は精神的にも開き直れていたのに対し、韓国は、連勝の原動力となっていたモチベーションの要因である兵役免除を勝ち取って、これまでとは少し違った精神状態で望んでいたはずです。
こういう代表戦ではメンタルの部分が大きく物を言うことを考えると、今日の試合は日本により有利だったような気がします。

それに息詰まる投手戦の中で今日も日本には細かいミスがありました。

まずは3回表の西岡の3塁ライナーで一塁ランナーの青木が戻れず併殺となったシーン。
一見アンラッキーに見えるけど、やはりあれは走塁ミス。

次に4回表、無死二塁にイチローを置いて4番松中が進塁打を打てずにサードフライに倒れた場面。
ここは最低でも球を転がして欲しかった。

そして7回表、先頭打者松中の二塁打の後に多村が送りバントを失敗して結局三振に倒れましたが、送れなかった多村よりも采配に疑問を感じます。
試合終盤で一点を取りに行くなら、もともとバントが下手な多村に代えて代打を送るか、多村をそのまま打席に立たせるならヒッティングでと、ハッキリした采配を見せて欲しかったですね。
やはり中途半端な策で結果が伴わないとムードも悪くなります。
その後、福留の会心の先制弾が飛び出したので良かったですが、やはりこういうミスは日本らしくない。

決勝は国際大会の常勝チーム・キューバ。
これまでのように細かいミスをしているとやはり優勝の栄冠を手に入れるのは厳しいのではないでしょうか。

日本の野球は近年W杯に出れるようになったサッカーと違って、「これが日本野球だ!」という歴史・スタイルがあります。
ミス絡みで3敗を喫した日本が、その苦しみを乗り越えて優勝するには、やはり日本らしい野球に徹すること、すなわち抜け目無い野球をすることが必要ではないでしょうか。
明後日は、日本らしい野球で歓喜の輪が出来るところを是非見たいものです。


さて冒頭に述べた通り、今日は風が強かったですね~。
野球の試合の大勢が決まって雨で中断したところで、オビのレッスンに出かけたのですが、あまりに酷い砂埃に目もろくろく開けていられない状況でした。

そんな中でもPoohもそれなりに頑張っていましたので成長の跡が窺えます。
ただ小生にとってアンラッキーだったのは、帰宅した時には家に誰もおらず、小生一人でPoohをシャンプーしなければならなかったことです。

と言うことで今日は特に面白ネタもありません。
Poohのシャンプーandブローで腰も痛いし、そろそろ寝たいと思います。
それでは皆さん、明後日も勝利の嵐が吹き荒れることを祈って・・・
   


春の嵐にPoohも瞼が落ち気味

棚から牡丹餅 

苦しかった~~~!!

今日は朝から胃カメラの検査。
1月の人間ドッグで不整脈が出た為に延期になっていた胃カメラを近所の胃腸科で受けてきました。

いつもお世話になっている先生とは言え、嫌なもんは嫌ですな~。

で、先生が「いつもは精神安定剤か麻酔は使ってるの?」って聞くから、「さ~、良く分からないけど、“オエオエ”言って、いつも辛い思いをしています。」と答えたら、「じゃ~使ってないね。それじゃ~今日も何にも無しで行っちゃおう!」と言って始めちゃったよ~。

そしたら、花粉症も相まって、涙ボロボロ、鼻水ズルズル、げっぷが出てオエオエ・ゲロゲロ!
もう最低・最悪でした。

そんで終わった後に、「mmhomeさんは“オエオエ”になりやすい理由がちゃんとあったよ。」なんて・・・


だから「いつも辛い!」って言ったじゃねーーか!!
それなら最初っから精神安定剤を使ってくれればイイのにーーー!!
あうーーー!


で、何が原因かと言うと・・・


地獄の胃カメラ

左上の写真は食道から写した胃の入口の部分。
この入口が緩くなっていて逆流しやすく、そして周りが慢性的に炎症を起こして赤くなってるんだって。
それに敏感な喉だから、ひとたまりも無く“オエオエ”するんだそうな。

それもこれだけクッキリ色が分かれているのは珍しいらしく、「モデルになれるよ!」とホザキやがる。
ついでに、「こういうタイプは食道癌になりやすいから気をつけてね♪」と来たもんさ。

冗談じゃねーーー!
そんなことでモデルになんかなりたかないわい!!


で、今日は制酸剤をもらってお終い。
本当に疲れたわさ~。
でもまぁ、オエオエの理由が分かったし、そうやって説明してくれる先生が好きだけどね。


さて話は変わって、昨日はとんでもない朗報がありましたね。

WBC2次リーグでアメリカがメキシコにまさかの敗戦。
『漁夫の利』と言うのか『棚から牡丹餅』と言うべきか、諦めかけていた準決勝進出が転がり込んで来ました。

これで今大会3度目の韓国戦です。

もう、やるっきゃないでしょう!
これで三度負けたら、罰として“ケツバット300回” のお仕置だぜぃーーー!!
と、かつての体育会系の血が騒ぐのです。

でもマジで、日本プロ野球の名にかけて韓国を撃破して欲しいですね。


と言うことで、棚から牡丹餅が転がり込んできた訳ですが、今日は彼岸の入りです。
そこで小生も牡丹餅を食べて、韓国を喰ってしまいたいと思います。


彼岸の入りはぼた餅で

ジャーーーン!!
美味そうでしょ。



ぼた餅の向こうに見えるはお馬鹿犬!?

うぬっ!?
向こうに見えるのは・・・

何か嫌な予感がしてきた。



すかさず匂いを嗅ぐ食いしん坊

ダメだよ、Pooh!
これはお父ちゃんの!
それに牡丹餅は一つしかないの!!



お馬鹿犬の必殺技は“うるうる”攻撃

そ、そんな目で見るなって!
“うるうる”攻撃をしたって、ダメなもんはダメなの。

・・・・




勝利のペロンちょ!

はぁ~
また、負けちゃったよ...

屈辱にまみれて 

あ゛ーーー!腹立つーーー!!
屈辱ですよ!屈辱!!


WBC日本VS韓国は1-2でまたしても敗戦。
これで準決勝進出も絶望的になっちゃたわさ。



それにしても日本は勝負弱い!
以前、サッカーの前代表監督だったトルシエが、「日本人には守りのメンタリティがない。」と言っていましたが、正にその通りですな。
先日のアメリカ戦と言い、今日の韓国戦と言い、勝負どころでエラーが出る。
そしてその後、脆くもタイムリーヒットを打たれる辺りは、受けに回った時のひ弱さを露呈していますもんね。

試合の流れが相手にある時も、しっかり守って最後の一線は割らせないと言うようなシタタカさが感じられない。
これって日本人の特徴ですな。


しかし、そんな勝負弱さ以上に気になるのは、自国での誤った認識。

ある夕刊紙には、「アジア・ナンバーワンの日本の地位は、韓国に2試合連続の敗戦で大きく揺らぐことになった。」なんて書いてあったけど、まったく持って認識が甘い!

そもそも野球に拘らず代表同士の戦いは、その競技のトップ選手が対戦する場に留まらず、その国の力・歴史・文化・国民の誇りのぶつかり合いであって、その敗戦は国の敗戦と同じなんですよ。
それを連続して負けたと言うのに、今もってアジア・ナンバーワンなどと言うのはおこがましいと言うもんさ。

今日の敗戦で皆ガッカリしてるだろうけど、「冷静に考えてみな!」って言いたいね。

・プロでの実績のない新人に高額な契約金を支払う悪しき習慣。
・企業の宣伝の手段としか考えておらず、地域スポーツとしての裾野拡大を軽視した低俗な経営母体。
・目先の利益に固執し、若い選手のメジャー挑戦を阻むフリーエージェント制度なる球界の悪法。
・長きに渡ってプロとアマの垣根を作って、ジュニア世代の育成を怠った怠慢の歴史。
・所詮「井の中の蛙」の選手をチヤホヤする節操のないマスコミ。
・それに踊らされるレベルの低い野球ファン。

挙げればキリが無いほど、日本球界には問題があったんじゃないの!?
プロ野球の歴史の浅い韓国が、積極的に日本やアメリカに若手選手を送り出していたのとは対照的だよね。

だから負けて当然!

アジア・ナンバーワンなどと言う妄想を捨てて、アジアの二流国だという現状認識を受け入れることから始めないと、この屈辱は永遠に晴らせないと思うな。

なぁ、Pooh。
そう思うだろ。


小生に勝負を挑むは我が家のお馬鹿犬

あ~っ?
勝負だぁ~!?

この「勝負の鬼」と呼ばれた小生に勝負を挑むなんざ、百万年早いわ。
わっはっはっは。

で、何をするんだ?



決戦の場は当てっこ勝負

なんか、拍子抜けするな~。
まぁ、イイや。

んじゃ~、左だな!



結果は無残にもハズレ

うぐっ!


お馬鹿犬に馬鹿にされたら世の末だ~

だーーーー!
む・か・つ・くーーーー!!

ホワイトデーを忘れるべからず! 

これぞホワイトデーの贈り物

ジャーーーン!!
買って来ました、ホワイトデーの贈り物。


日頃の感謝を込めて我が家の女性陣にクイーン・アリス「アマンド ショコラ」「どらやき」を買って来ました。
どうです。イイお父ちゃんでしょう!

な~んちゃって。
本当は忘れそうになっていたのですが、「ヤッベェーーー!」とばかりに帰り際に慌てて買ったのです。
これでかろうじて我が家での立場がなくならずに済みました。ホッ。。。


それで「アマンドショコラ」は、お菓子好きなCHIKA用に、
「どらやき」は、あんこ好きなPoohママ用に買ったものです。
しかしクイーン・アリスの「どらやき」って美味いんだろうか?

まぁそんなことはどうでもイイや。
この際、日頃イイように言われているPoohママには、これをみよがしに反撃せねばと、

「これはな、“クイーン・アリスの”
 よく聞けよ、 “クイーン・アリスの”
 も一度言うぞ、 “クイーン・アリスのど・ら・や・き だからな!」

とあてつけがましく言ってやりました。


ひゃはははは。
どうだ、ざま~みやがれ!そして、心して食べやがれってなもんだい!!
ぎゃははははーーー!!




意味深な問いかけは...

んっ!? なんだ、Pooh?


お馬鹿犬のおねだりか?

何を言っているんだ、お前は男の子だろ。


聞いてビックリ玉手箱じゃない忘れ物!

あ゛ーーー!! しまったーーー!
オカマちゃんを忘れてたーーー!!

小生としたことが...
“不覚”

ハンドラーはご臨終 

ノービスクラスのコース風景

行ってきましたノービスクラス。

フィールドに配置された障害は全部で12個。
あっちへ行ったりこっちへ来たりと、クネクネと蛇行したコースです。
本日のノービスクラスに参加したワンコはらんこちゃんにオペラちゃんにスナッチ君にラブちゃんにPoohの5頭。
ノービスが初めてのPoohは、全12障害を走るのはさすがに無理なので、2番目のハードルからスラロームの手前までの7つの障害を走りました。

一本目。
他のワンコもスイッチや鋭角に曲がる場面では苦労しています。
Poohも同様に動きが止まったりしたものの、予定された障害を何とかクリア。
これならそこそこ楽しめそうです。

ところがそうは問屋が卸しませんでした。

1本目が終わったところで先生から、「飼い主は犬になったつもりでコースを2回全力で走って下さい。」と...

何故先生がハンドラーを走らせたかと言うと、犬のとるべきコース取りをハンドラーに理解させようとする意図だった訳です。
しかし、これはキツイよ~。


他の皆さんと等間隔で走り出したものの、2週目には前の方から離されるわ、ハードルを飛ぼうと思っても足が上がらず、まるでゴム飛びをする女の子のように跨ぐだけとなってしまいました。
中年オヤジの女の子飛びはかなりキモイですぞ~!

ゴールに辿り着いた時には完全に酸欠状態。
息も絶え絶えです。
ハンドラー最年長のラブちゃんのお父さんも死にそうな顔をしていましたが、笑える余裕など小生には皆無です。
なにしろ小生のハムストリングス(※1)はプルプルと震え肉離れ寸前、膝は力が抜けてガクガク、前距腓(ぜんきょひ)靭帯が切れて無くなっている右足首(※2)はカックンカックンした状態にまでなってしまいました。

 ※1 太腿の裏側の筋肉
 ※2 メインサイトVAMOS POOH!のSoliloquyコーナー
    「加齢と古傷」をご参照下さい。


僅かな走りでもナマッタ体は誤魔化すことは出来ません。
これで完全に小生は撃沈!
後のレッスンは惰性で続けたようなもんです。

そう言えば、先週ノービスクラスに参加することをPoohママに告げたら、「お父さん、走れるの?Poohよりお父さんの方が問題なんじゃない。」って言っていましたが正にその通りになってしまいました。


その後、説明を受けながらコースとハンドリングの仕方をチェックする時間の方が長かったので、結局Poohの走った回数は4回でした。
Poohからすれば、やる気満々だったのに待ち時間が長くてストレスが溜まったかもしれません。


そうして家に帰ってきた小生はすぐさまダウン!
やっぱり、ぐーたらオヤジは家でゴロ寝が一番です。


家に帰ればバタンキュー


孤高のハンドラーはあえなくご臨終

こらーーー!
勝手に人を殺すな~!!

オヤジにすり足走法 

救いようのない失敗写真

我ながら酷い写真だね~。

夕方からのオビのレッスン後に撮ったものだけど、さすがに薄暗い中でのコンパクトデジカメでは厳しかった!

さて、オビのレッスンですが、待て、または伏せをさせて離れた所からの称呼の練習も少しずつですが進歩しています。
先週は20歩がやっとだったのに今日は30歩まで離れることが出来ました。
また、休憩中に伏せでジッとさせるのも以前に比べると大分大人しくしていられるようになりつつあります。

そんな中、今日は脚側歩行で歩くスピードを変化させても横につかせる練習をしました。
普通に歩いたり、ゆっくり歩いたり、突然走ってみたり・・・
Poohも一応ついては来ます。
でも、小生が走るとPoohもテンションが上がって、ぴょこたん、ぴょこたんと跳ねてしまいます。

そこで先生のワンポイントアドバイス。

「走るときに“ドタドタ”走るのは止めましょう!」

なにーーー!!
“ドタドタ”走るのを止めろって!?それがワンポイントアドバイスかよ!!
冗談じゃねぇーーー!
“ドタドタ”走るのは小生の体が重いからであって
“ドタドタ”走りたくて走ってんじゃね~やい!!

アゥーーー!
あんまりだ~。
それじゃ~、「お前の顔が悪いのがいけない。」と言ってるのと同じじゃんかよ~。

それでもマジな顔して説明を続ける先生。
「走るときに足を高く上げると、犬にとっては横につくのが難しくなるんです。そして足が上がると、どうしても犬も一緒に跳ねてしまうので、足を上げずになるべくつま先側で、そして踵をドスンと落とさずに走って下さい。」と...

アジスクールでまさか自分の走り方まで注意を受けるとは思わなかったわさ~。
でも、マリナーズのイチローも走塁のスピードを落とさないように足を上げないすり足走法に変えたなんてことも聞いた事があるし、「仕方あるめ~!」と気を取り直して注意しながら走ってみただよ。

そんで何とかサマ?になったような気がするけど、レッスンが終わった時には足がダルダルさ~。
なんせ70㌔オーバーの体を足を上げずにつま先側だけで走ろうとするんだから、タマッタもんじゃないわな~。

オヤジにすり足走法・・・
これって、かなり無理があるんじゃな~い!?





目指せ!世界王者 

8日に行われた“浪速乃闘拳”亀田興毅の試合の瞬間最高視聴率がなんと31.8%!
凄い人気ですね~。
強いのに加え、言うこともデカイし、見てて楽しいボクサーですな。

まっ、自慢じゃないですが小生もボクシングには自信があります。
もちろんボクシングなんかやったことないですよ。
でも、打たれても結構平気なんじゃないかと思うのです。

何故なら、小生は生まれてこのかた一度も鼻血を出したことがないからです。

そう、顔面を殴られても
チョコレートをイヤと言うほど食べても
どんなに過激なエロ本を見ても


一度たりとも鼻血を出したことがないのです

そこで小生の秘密兵器をちょっとばかしお見せいたしましょう。


小生の秘密兵器はマウスピース?

ジャーーーン!
マウスピース?


いやいや、マウスピースではなく歯の噛み合せを整えるプレートです。
ボクシングに自信があるというのも嘘。
いくら鼻血を出したことがないと言っても、あんな過激なスポーツをやったら、10秒と持ちませんよ。

で、なんで噛み合せ用のプレートを持っているかと言うと、亀田が試合をやった8日に突然奥歯が痛くなって歯医者に行ったのです。
そしたら虫歯じゃないって・・・
何だろう?と思ったら、アゴの筋肉痛だって歯医者は言うのです。
結局歯の噛み合せが悪いから奥歯に力が入って時々痛くなるんだそうな。

その為にこのプレートを作らせられたのですが、値段が10,160円もするんです。
それも出来上がってから、「はい、10,160円です。」ってしゃーしゃーと言うんだよね~。
「そんなにかかるなら、作る前に言えよ!」ってな感じです。まったく。


話は大分横道にそれましたが、世界王者になったら益々人気者になるんでしょうね。
そしてお金もガッポガッポと懐に・・・

さすがに小生の歳ではボクシングに拘らず世界王者になるのは厳しいだろうから、
せめてPoohに夢を託してみたいと思います。

なぁ、Pooh!
頑張って世界王者になろうな。



ブサイク顔のお馬鹿犬は脱走王を目指すのか!?

だぁーーー!
脱走王になってどないすんねん!!

それにお前、えらいブサイクな顔してるやん!
もしかして、ボクシングでもやってきたん?

条件反射 

昨日の読売新聞(夕刊)を読んでいて、こんな見出しが目に留まりました。

『ゴキブリにも条件反射』

「パブロフの犬」と同様に、体長約3㌢のワモンゴキブリにペパーミントのにおいを吹きかけ、2秒後に砂糖水を与える条件付けを5回繰り返したところ、ペパーミントのにおいだけで神経の活動が活性化したと言うのです。

ゴキブリが条件反射とはね~。


でも世の中、条件反射を利用していることって多いですよね。
犬の躾に至ってはコマンドに従ったらご褒美をあげるということを繰り返して覚えさせるのですから、正に「パブロフの犬」を実践している訳です。

しかし、一たび条件反射の利用の仕方を誤るとエライ目にあいます。
例えば...

①帰宅した際に喜び勇んでやってくるPoohを「よ~し、イイ子だ!」と言って構っていたら、帰る度にPoohの遊びの相手をさせられるようになりました。

②休日の8時頃に起きてPoohを散歩に連れて行っていたら、いつしか8時頃になると吠えて起こされるようになってしまいました。

③自宅前の公道でPoohとオビの練習をしている際に爆走を2~3度したら、以後自宅前は脱走・爆走コースと思い込むようになってしまったのです。


①と②については完全に定着してしまい、改善の余地さえ見つかりません。
そして③については昨年ほどではないものの、未だに油断すると脱走を企て、Poohにおちょくられる事になります。
この動画はつい最近、小生が油断した為におちょくられた場面です。






まぁ、このように誤った条件反射は犬ばかりではありません。
家族との会話でも要らぬ条件反射に遭遇します。


①HIROとの会話

 小生    「おい、明日のテストは大丈夫なのか?」
 HIRO   「お~、任せろ!バッチリだぜ!!

 翌日・・・

 小生    「今日のテストはどうした?」
 HIRO   「ダメだった。ショボン...」

毎度毎度このパターン。
どうせダメなら、「任せろ!」なんて大見得を切らなきゃいいのに救いようのない馬鹿息子です。


②夕飯後のPoohママとの会話

 小生    「お~い、デザートはないのか~!?」
 Poohママ 「ないよ。
 小生    「何でねぇ~んだ!?」
 Poohママ 「ないものはないの!

 そこに当然の如く割り込むCHIKA

 CHIKA   「甘いものを食べるからお父さんはブクブク太るのよ~。

確かに小生は甘いものが好きだけど、聞くたんびに「ない!」って答えしか返って来ないのはどういうことだい?

それに小生は太る理由を聞いてる訳じゃねぇんだよ!
まったく、どいつもこいつも、もうちょっとマシな答えは出来んのか!

はぁ~。。。条件反射は厄介じゃの~。



オビディエンス テスト  


今日はオープンのレッスンの後にオビディエンステストを受けました。
正確に言うと“受けた”と言うより“受けさせられた”のです。
先週から、先生に「Poohちゃんにもノービスのテストを受けてもらいますから。」とは言われていたのですが、小生にしてみれば「なんのこっちゃ???」と言う感じです。


聞けば通っているアジスクール独自のオビディエンステストがあり、ノービスクラスとアドバンスクラスがあると言うのです。
ノービスクラスは普段やっていることを普通にやれば大抵は合格するらしいのですが、アドバンスクラスは各科目が完璧に出来ないと合格することは出来ない難易度の高いものだそうです。


で、そのノービスとやらに受かると何かあるのですか?と尋ねてみると
ノービスクラスの練習に参加することが出来るようになると言うのです。


オープンクラスとノービスクラス、何が違うの?
のんびりエンジョイ派の小生にとっては、所詮その程度の認識しかありません。
答えは、オープンはハードルとかスラロームとか個々の障害を練習するクラスで、ノービスは距離の長いコースを走らせてハンドリングを練習するクラスなのだそうです。


簡単に言えばよりアジリティらしい練習が出来るということかと思いますので、言われるままにビーグルのオペラちゃん、MIXのれん太郎君と共にテストを受けてみました。


結果は下記の通りでした。


          項  目                  配点   点数
テスト開始から終わるまでのマナー           25    21
座れ、伏せができる。                     5     
待て、をかけて、10歩離れる事ができる。        5     
呼び戻し、ができる。                     5     
リードを引っ張らずに歩くことができる。          5     
他の犬とスムーズにすれ違うことができる。       5      
          合  計                   50    
43

点数合計が30点以上なら合格  


 
ということで見事 “ 合格!”で~す。ウシッ!!
そしてオペラちゃんもれん太郎君も合格しました。


そして先生からの講評。
一言で言うと、「車からフィールドに入る、またはフィールドから車に戻るところまでを含め、コマンドを掛けないとお座りが出来ないとかリードを引っ張ったりとかマナーの項目で減点が多くされています。」と。


そうマナーで減点・・・マナーで減点・・・マナーで減点 だったそうです。


分かる気がします・・・
でも受かっちゃえばこっちのもんさ
ひゃはははは。


しかし、先生もよく合格にしたもんだよな~。
今日のオープンでも何度か脱走をしかけたし、これでノービスをやったらどうなっちゃうんだろう。
まぁ、合格させた方の責任と言うことで図々しく参加しちゃうけどね♪


Poohと小生の劣等生コンビもいよいよランクUP。
来週はそのノービスクラスに登場する予定です。
はてさてどんなハプニングが待っているのか、乞うご期待!!
 


奇跡かまぐれか!?オビディエンステストに受かって頭に乗るお馬鹿犬

新車の購入は妄想? 

新車買いま~す!!

いつかきっと・・・


飼い主の妄想にうんざりのお馬鹿犬


イイじゃんよ~、いつかは分からないけど「買いたい!」という意思だけはあるんだから、希望を口にしたってバチは当たらないだろ。


さて、今日は新車購入意欲に駆られて
先日発売されたばかりの新型MPVを見に行きました!


新型MPVはイイですよ~


良かったで~。
室内もそこそこ広いし、インパネのデザインも小生好み。
ついでに試乗もさせてもらったら、大きさのわりに取り回しも楽でイイ感じでした。

あ~、欲しいよ~!

これ幾らするの?
カタログで値段を見たら店頭渡し価格が、2,541,700円~3,759,700円。

うげぇーーー!!
あ、頭がクラクラしてきた~。
やっぱり見なきゃ良かった。
新型MPVを買うのに500円玉貯金でいったい何年掛かるのさ?

え~と、月に1万円貯まるとして最低でも250ヶ月。
と言うことは、21年も先のことかい!
おいおい、そんときゃ小生は定年していて年金暮らしだわい。

我が家の愛車デリカ号も金属疲労が激しくギシギシ音はするし、タイヤは危険ゾーンまで磨り減って危なっかしいし・・・
あ~、どうしたらいいんだんべ。

新車買いま~す!!
と言ったものの、宝くじは当てにならないし、今小生は本当に悩んでいます。
具体化させるイイ方法を誰かご存じでしたら、是非是非ご教授願いたいものです。


因みに新車と言っても、多人数乗りが予想される我が家ではミニバンまたはSUVが希望です。
それが実現できるなら、神頼みだってしたい気分です。

神様、どうか我が家に救いの手を・・・
そして仏様、金欠オヤジに夢の新車を!
なんのこっちゃ!?

Simple is the Best! 

今日は朝から雨。
Poohも散歩はパスされ鬱憤が溜まっている様子。
小生が帰るなり絡み付いてきて遊べと煩いのです。


雨の日の取っ組み合いは普段よりもフィーバー


そして普段は外で用を足すPoohも雨の日ばかりは、家の中で済ませます。
さて、そこで今日の本題。
オシッコやウン子をさせる際に皆様のお宅ではワンちゃんにどんな掛け声を掛けますか?

Poohの通っているアジスクールのメンバーさんの殆どは、「ワンツー、ワンツー・・・」と言います。

何故「ワンツー、ワンツー。」と言うのか分かりませんが、この声を聞くと小生は水前寺清子の365歩のマーチを連想してしまいます。

ワンツー、ワンツー、ワンツー、ワンツー
  幸せは歩いてこない
 
  だから歩いてゆくんだね
  一日一歩三日で三歩 
  三歩進んで二歩さがる
  人生はワン・ツー・パンチ 
  汗かきべそかき歩こうよ
  あなたのつけた足跡にゃ 
  きれいな花が咲くでしょう

  腕を振って 足を上げて ワン・ツー ワン・ツー・・・



確かに足を上げるし・・・
それに、花も咲くわな~。こんな風に。


花咲く「ちっち!」


で、我が家ではどう言うかというと

「ちっち、ちっち、ちっち~。」と言ってオシッコをさせるのです。

「ちっち」と言い出したのはPoohママです。
恐らく、赤ちゃん言葉の延長だと思うのですが、
「オシッコ」「ちっこ」に変形し、『ちっち』になったのだと思われます。

だいたいPoohの名前からしてそうです。
「Poodle」だから『Pooh』と言う安直な名前にするあたりは如何にも我が家らしいと言わざるを得ません。
(命名の詳しい経緯については、メインサイトVAMOS POOH!のPooh's RoomコーナーのPrologueに記載しています。)

もう少しカッコ良くならんものかと思ったりした事もあるのですが、今では恥も外聞もなく小生も同じように「ちっち、ちっち、ちっち~。」と言っているのですから、救いようがありません。

ついでに言うなら、ウン子は勿論
「うんうん、うんうん!」なのです。


お馬鹿一家の掛け声は“簡単が一番”がモットー!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。