スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あ~勘違い 

夕方の会議中のこと...
何だか顔が火照るし、体がゾクゾクして熱があるように思えてきました。

 

先週後半からCHIKAがインフルエンザに罹っていたので、ガラス細工のように繊細?な小生も、うつったのではないかと心配です。
何しろ、今週も会議や何やらで仕事のスケジュールは目白押しなのですから。

 

インフルエンザだとしたら今晩から高熱が出るのは間違いありません。
そんな中無理やり出社して仕事をしても同僚や部下にうつしたらもっと問題だし・・・
家から電話で仕事の指示や引継ぎが出来るだろうかと悶々と考えながらも、さっさと帰ることにしました。

 

体調が悪い時はやたら眠くなります。
案の定、帰りの電車で運良く座れるとすぐさま爆睡!
ふと気が付くと早くも最寄り駅に着いていました。

 

慌ててホームに降りると、め、目が痒~い!
いや痒いと言うより痛い!!
そして家に帰り鏡を見ると左目は真っ赤っ赤。
それに速射砲のようなくしゃみの嵐

 

ガーーーーン!
インフルエンザと思った顔の火照りやゾクゾク感は、
何て事はない、花粉症のせいだったのです。

 

あ~、やだやだ
暫くの間、花粉症で苦しむくらいなら、数日熱で寝込む方がまだマシだわさ。
な、そう思うだろ、Pooh!

 

 

 

お馬鹿犬がバカ呼ばわり


うんニャローーー!
馬鹿犬にバカ呼ばわりされたくないわい!


スポンサーサイト

シュポシュポ・スラロームの星 

あと0.03秒...惜っしぃーーー!
コルティナダンペッツォ五輪で男子回転の銀メダルに輝いた猪谷千春以来、50年振りのメダルを逃すも皆川賢太郎の4位は大健闘でした。

過去、海和俊宏、岡部哲也、木村公宣などワールド杯第一シードで活躍した日本選手がどうしても成し得なかったオリンピックのメダル奪取は今回もあと一歩で届かず。
でも、湯浅、佐々木も含め選手層が厚くなったのは将来に向け楽しみが増えましたね。


さて、今日は朝から雨。アジスクールのオープンのレッスンはさすがにパスしました。
こんな雨の中でやったら風邪引いちゃいますからね~。
そこで今日は室内トレーニング。
そう、皆川がダメならPoohがいるさ!とばかりにスラロームの練習をすることにしたのです。
故にまずはスラロームに使う小道具を調達。


何故にシュポシュポがこんなに沢山・・・

なんじゃ~?とお思いでしょうが、これを使うのです。
実は先日ちょこパパさんに教えて頂いたトイレのシュポシュポをスラロームに使うことにしたのです。
そこで100円ショップでシュポシュポと針金、そして滑り止めシートを買ってきました。

 さてさて、シュポシュポを並べて入口と出口は方向を間違えないように針金で繋ぎいざ練習開始。


未来のメダリストを目指して、スタート10秒前

最初はたどたどしかったPoohも徐々にシュポシュポ・スラロームに慣れたようです。
まぁ、小生は学生時代にそこそこのスキーヤーでしたから、この程度を仕込むのはお手の物です。
わっはっは~!(嘘です)

と言うことでPoohのシュポシュポ・スラロームを見てやっておくんなまし。

 


 いつしか日本アルペン界にもメダルを!
悲願はトイレのシュポシュポ・スラロームの星にお任せあれ!!

マスコミの取材基準 

“金”の笑顔

お見事!荒川選手。
の笑顔は素晴らしいね~。
今日はどちらさんもこの話題でもちきりじゃないかな。


金メダルの演技に触発されるか?お馬鹿犬

そうだよ。
お前も少しは感化されて、アジを頑張る気になったか?Pooh!


ところで期待されたフィギュアスケート女子。
出場した日本の3選手はいずれも実力者揃いでしたが、ここ1~2週間におけるマスコミの扱いが公平なものだったかと言うと???

特にスポーツ新聞では、“美姫”“美姫”“美姫”のオンパレード。
安藤選手に比べると荒川選手や村主選手の記事は僅かでした。
何ででしょう?

この競技に関して小生は十分な知識を持っていないのですが、経験・安定度などを考慮すると、やっぱり荒川選手や村主選手の方がメダルに近いような気がしていたのですが・・・
安藤選手が夢の4回転ジャンパーだからなのでしょうか?
それとも何か特別な取材基準がマスコミにあるのでしょうか?


マスコミの基準は若い娘優先

おう!そうか!!ポン。
所詮マスコミも人間だから好みはあるわな~。

しかしそれは、オジサンのセリフだぜ、Pooh!
それじゃ~、お前もミキティが好みか?
それとも真央ちゃんかい!?


好みは熟女!?

意外と熟女好みなんだね~。

サラ川と小生 

最近他の皆さんのサイトを拝見していて、よく思うことがあります。
「話題が豊富だな~。」って。

知恵を出そうとしても底の浅い小生のお頭では大した話も搾り出せず、他の人の行動範囲の広さやボキャブラリーの豊富さに只々感心してばかりいるのです。

そんな中でも、仙台のまんぞぉさんの心の俳句は特筆すべきものがあります。
俳句と言っても川柳と言うべきかもしれませんが、毎日毎日良く考え付くものだと不思議にさえ思えるのです。

小生には川柳など生み出せるセンスなどある筈もないのですが、読むのは大好きです。
先日も第一生命のサラ川(サラリーマン川柳の略)100選が発表されたのですが、いつもこれを楽しみにしています。

そして選ばれたサラ川を見ながら、笑ったり噴出したり、世相を表した川柳に絶“句”したりで飽きることがありません。
そんな中から他人事じゃないと思った川柳を幾つかご紹介したいと思います。


人生の 第二職場は 妻の部下      世の常人の常

   これ、マジでやばいです。そんな事になったら人生真っ暗闇です。


痩せるツボ 脂肪が邪魔し 探せない      雪乃このひとりごと

   確かに自分で腹回りのツボを押そうと思ったら、かなりキツイかも・・・
  

散髪代 俺は千円 犬一万       下流の夫

   この間、Poohのトリミング代の金額を聞いて愕然!
   小生よりPoohのトリミング代の方が遙かに高かったよ~。ガックシ!!


と言う訳でその他にも考えさせられる一句が沢山あります。
そこでPoohを文字って小生も拙い一句を・・・


お馬鹿犬 来いと言えば あっち行く

ひゃはははは。
どうだPooh!当たってるだろう。



駄目オヤジへの切り返しでしゅ

うぐっ!
そう来たかい!!

フラフープよりタワシ 

今日の東京都ユース(U-15)フットサル大会決勝トーナメント。
HIROの所属するフットサルクラブBUBBLEは、昨年9月に行われた全日本ユース(U-15)フットサル東京都大会優勝チームであるFC駒沢に2-3の惜敗。
なかなかベスト8の壁を破れません。

あ~ぁ、朝から応援に行ったのにシラケルな~と午後ふて寝をしていたら、ミニョンさんとミニョン君が訪ねて来てくれました。
暇を持て余していたし、こりゃ丁度イイ!!


笑顔のミニョン君

青いマフラーが似合ってるね♪ミニョン君。


久し振りの庭だよ、Pooh

一方Poohは黄色いTシャツを着てお出迎え。


ボール遊びが大好きなミニョン君

ボール遊びが大好きなミニョン君。


負けずにPoohも戯れて

負けずにPoohも小ボールと戯れておりました。

ところで今日はミニョンさんがミニョン君に飛ばせようとフラフープを買ってこれらました。


フラフープは潜れません

どうしても潜ろうとしないミニョン君。
怖いのかな~?



タイヤは飛べてもフラフープはパスか?お馬鹿犬

Poohにも試しましたが潜りません。
アジのタイヤが飛べるのに、フラフープは何故いかん!?
犬の心理は分かりません!


そして極めつけは、ミニョン君が突然気に入りだしたこのオモチャ!


極めつけはタワシ遊び!そんなに気持ちイイか?ミニョン君

タワシに顔を擦り付けているけど、
痛くないのか!?ミニョン君!


フラフープよりタワシ。
犬の心理を読むのは、解明困難な謎解きと一緒かもしれません。

踊るバックスイッチ 

今日も晴れ!
最近アジリティースクールのオープンのレッスン日は何故か晴れてくれる。
こりゃラッキーーー!!

さて、今日の練習コースはこれ。


今日の練習コースは難コース?

うぬうぬ!
見るからに難しそう...


まずPoohを走らせる前にN先生からコース説明を受け、そして「アジリティの4つの基本を思い出して下さい。」と言われました。

4つの基本?
はて何だったっけ???
あははは。忘れてしまった。

もう一度先生からご教授頂いた基本とは・・・
①ハンドラーは円の内側を走る。
②犬の走行ラインと平行に動く。
③動きを止めない。
④肩の延長線より犬は前を走らせる(背中を見せない)。

でした。

あっ、そうね、そうだったよ。 なんちゃって。

で、その基本を注意しつつ今日のポイントはバックスイッチに挑戦することでした。
バックスイッチとはハンドラーが円の内側を走るために、犬の背後をクロスして逆側にポジションを移すことです。

下手糞なコース図をご覧頂いて説明すると・・・


ポイントは2箇所のバックスイッチ

はPoohの走行ライン
の点線は小生の動きです。


スタートから2つ目のハードルまではPoohは左旋回で走ることになりますが、3つ目のハードルから右旋回にコース取りが変わります。
すなわち、2つ目のハードルから3つ目のハードルへ行く際にPoohを前に走らせた後を小生は横切ることになるのです。
これがバックスイッチ。

同じようにトンネルから出てタイヤからハードルへ行く際にも2回目のバックスイッチが入ります。

いざやってみるとこれが難しい!
冒頭に4つの基本と言われたのが良く分かりました。
小生がPoohより前に出てしまったり、動きが止まるとPoohは必ずコースアウト。
そしてバックスイッチの際にはPoohが混乱してしまうようで、後ろを通る小生の方を振り返って、“クルクル”回りだしちゃうんですね~。
まるでフォークダンスを踊っているよう。

でも、バックスイッチは初めてだから、Poohが戸惑っても仕方がないと先生は仰っていました。
「練習を重ねればハンドラーの先を走っても良いと判るようになりますから。」と...

あ、そうなの。
んじゃ気にせず楽しむべ~。
と続けていたら、1回目のバックスイッチはスムーズに行くようになりました。
だけど2回目は何遍やっても“踊る!踊る!”

その後練習が終わって恒例の動画撮りに挑戦!
さすがにこれは難しかったです。
危うくトンネルの入口でコースアウトしかけましたが、何とかゴール。
バックススイッチで1回転するPoohじゃないけど、こっちも目が回りそうでした。

横で見ていたN先生は、「カメラを見ながらだと犬から目を離さなくてイインじゃないですか。」だって。
皮肉られちゃったけど、そうかもね。
なはははは。



サムライ・ブルー登場! 

昨日ナイキ社が、同社と契約する国のドイツW杯用ユニホームを発表しました。
ブラジル、オランダ、ポルトガル、アメリカ、韓国など...
全般的にクラシカルなデザインで、小生の嫌いなナイキにしては好感の持てるものでした。

一方、我らが日本代表のドイツW杯用ユニホームは、一足先に発表されており、既に試合でもお披露目されています。
何故かW杯イヤーになると、炎とか富士山とか今回の刃文とか訳の分からんモチーフを入れるのには理解に苦しむのですが、まぁ良しとしましょう。

そんな矢先、今日家に帰ると目に飛び込んできたのはこんな姿・・・


こ、これは・・・日本代表ジャージ・ドイツW杯バージョン“サムライ・ニッポン2006” もどき!!

なんじゃーーー!
Poohの着ているのは、まさか日本代表ジャージ “サムライ・ブルー!!”もどきでは。


突然何故???


以前に持っていた日本代表もどきのジャージは、とっくのとうに着れなくなってしまっていたのですが、どういうことでしょう。

聞けば、Poohママがハリー君のママさんと表参道ヒルズに行って、『ハンナリ』というドッグファッション・ショップで買って来たそうなのです。
それも1時間も悩んだ挙句に・・・

いったいどういう風の吹き回しか!?

以前は、「犬に洋服を着せる趣味はない。」と言ってたくせに体がでかくなって着せるものがなくなると面白くないらしいのです。
それにしても、懲りずにまたしても日本代表もどきとは。。。
それもドイツW杯モデルだよ。
胸にライトブルーの刃文のモチーフも入っているし。


全面にはライトブルーの刃文のモチーフも・・・


でも、左胸に日本協会のエンブレムが無いことと肩のラインがアディダスの3本ラインではなく、2本線であるところが“もどき”たるゆえんだけどね。

も一つビックリしたのは値段。
“2,000円”だって、安いね~!
近所のドッグショップで売ってるシャツでも、もっとするよな~。

しかしいくら我が家がサッカー好きだからと言って何もPoohまでサッカー漬にしなくてもイイのにね~。


オマケは“JPN”のロゴ入りオモチャ

お前が頑張って、どないすんねん!?

ウサギの魂 

昨日はバレンタインDay。
小生も僅かですがチョコを頂戴しました。
それが義理であろうとも嬉しいものです。

そしてCHIKAから貰ったクッキーを食べようとすると、すかさずおこぼれに与ろうと瞬間ワープの如くお馬鹿犬が現れます。


バレンタインクッキーは同志と山分け

いくら食意地の張ったお馬鹿犬と言えど、アジスクールの劣等生コンビを組む仲ですので、Poohと仲良く山分けをすることにしました。


さて話は変わりまして、今日の本題。

貴方(女)は、動物を蹴りとばすことが出来ますか?
ましてや愛犬を蹴ったり殴ったりすることが出来ますか?

も一つ聞けば、貴方(女)は動物を殺したことがありますか?



あまりに唐突な質問でビックリされる方もいらっしゃるでしょうが、これが今日のテーマなのです。


小生の答えは、
動物を殺したことがあります。
子供の頃に蟻んこを捕まえて蟻地獄に入れてみたり、カエルの口に爆竹を入れて爆発させたりして遊んだことがあります。
当時(子供の頃)は罪悪感なんてこれっぽっちもなかったのですが、犯した罪が消える訳ではありません。
今になって振り返ると本当に残酷なことをしたものです。
でも、今は愛犬に拘らず犬、いや動物を殴ったり、ましてや殺すことなんて出来る筈がありません。
それが普通だと思います。

しかし18歳にもなっても幼い子供と同じ罪を平気で犯す大バカ者がいることにショックを受けました。


今日の読売新聞の夕刊にこんな記事が載っています。

ウサギをボール代わり けり殺す
容疑18歳3人逮捕、送検

「(中略)
調べによると、3人は昨年5月8日午前5時ごろ、同区辰巳1の区立辰巳小学校に無断で侵入し、飼育小屋からウサギ1匹を勝手に持ち出した。
その後、同区潮見1の公園でウサギを何回もけって殺し、同7時ごろ、近くの運河へ捨てた疑い。
3人のうち2人は同小の卒業生だった。
3人は、公園内で、すり鉢状になったローラースケート場にウサギを放し、駆け上がってきたところを、けっては突き落とす行為を繰り返したという。」


なんという残虐な!!
この少年達の心の中はどうなってしまっているのか?
言葉を失ってしまいました。

身の毛もよだつ恐怖に直面したウサギが逃げ惑う姿を想像すると胸が詰まります。
そしてこのウサギの向こうには、毎日世話をし、可愛がっていた小学生達の姿が映っていただろうに、奴らにはその姿が目に入らなかったと言うのか!

幼児虐待も含め連日信じられない報道ばかり。
育て方が間違っているのか、それとも世の中が荒んだ心の持ち主を生み出してしまうのか...

同じ時代に生きる者として憤りを禁じ得ないのです。


ただ今回の事件にあって唯一の救いも・・・。

「別のバイク窃盗容疑で逮捕された仲間の無職少年(17)もその場にいたが、同小でウサギの飼育係だったため、涙ながらに仲間の行為を止めようとしたことから、動物愛護法違反での立件は見送られた。」(以上記事から抜粋)

この少年には、かろうじて人間としての心が残っていたのです。
どんなにワルに走る時期であっても、人間の心がある限り更生は出来るはずです。
きっと、そうであって欲しいと思います。


猫犬 

むかし昔、遙か昔のことですが、我が家には猫がいました。
名を“チー”と言い、グレー色のトラ模様をした雑種のメス猫でした。

もともと捨て猫だったのですが、赤ん坊にも拘らず「ミャーミャー」と泣きながら何日も我が家の玄関先で粘ったド根性に負けて飼い始めたのです。
その後16~17年生きたチーは、最後には動けなくなり大往生を遂げました。

そのチーの思い出話になりますが、よく屋根伝いに小生の部屋に入ってきては、寝ている小生の腹の上でちゃっかり寝息を立てたものです。

その感触は湯たんぽを抱えて寝ているような柔らかな暖かさがあり、ある意味心地よさを感じたものです。
そんな感触が昨日呼び起こされました。

オビディエンスの訓練から帰った小生は酷く疲れたため、リビングのソファーに横たわり、座布団を掛け布団代わりに夢の中を彷徨っていたのですが、何故か下っ腹に重みを感じるのです。
そんな矢先、“カシャ!カシャ!”というカメラのシャッター音で目を覚ますと小生の腹の上には得体の知れない生き物が・・・


黄泉の国から戻ってきのかと思ったら・・・


「ま、まさか、チーが黄泉の国から舞い戻ってきたのでは!?」と一瞬思いました。

でも、んな訳なかんべ~。
よく見りゃ、我が家のお馬鹿犬がちゃっかり小生の腹の上で寝ていたのでした。
それも爆睡こいちまって・・・

まぁ、その気持ちも分からんでもないのですが...
何しろ小生の腹の弾力性たるや、そんじょそこらの高級ウォーターベットより遙かに心地良いでしょうから。

それにしてもね~、こいつ本当に犬だろうか?
前世は猫だったんじゃないかと疑いたくなります。
そして、思わず呟きましたよ。

“おい、お前は猫か!?”


それは猫のようなお馬鹿犬でした。



走れぬ者は去れ! 

2006トリノオリンピック開幕

2006トリノオリンピック開幕!

だけどいまいち興味が湧かないのです。
何故かな~?
今回は出場する選手をあまり知らないからかな。

むしろ聖火ランナーを見て、「おっ、アルベルト・トンバだ!」とか「ピエロ・グロスじゃん、懐かしい~!」なんて往年の名選手に目が行っちゃったりして・・・
さらに開会式に使われていた会場がスタディオ・オリンピコと知り、サッカーセリエAの強豪ユベントスのホームグランドじゃないの~!なんて関係ないことばかり気になって・・・

さてオリンピックの開会式が終わって間もなく、今日はサッカーの日本代表とアメリカ代表の国際親善Aマッチが行われました。
結果は2-3の惨敗!


日本の先発は主力組と言われるメンバー。
システムは久保の1トップに小笠原と小野が2シャドーで絡む3-6-1。
しかし立ち上がり以外は、アメリカに押しまくられて最悪の出来でした。

Poohじゃないけど

主力組って、走れない選手の代名詞???

てな感じでした。

何しろ運動量が少なく、ことごとく出足でアメリカの選手の後塵を拝し、つなぎのパスでもミスのオンパレード。
更に基本通りのサイド攻撃でゲームを組み立ててくるアメリカに対し、小学生並みのお粗末なディフェンスで何度も自陣深くまでえぐられてしまうと言う情けなさ。
(お前のことだ!三都主ーーー!!)

そのせいか、ディフェンスラインとダブルボランチはずるずるラインを下げて1トップの久保との距離が間延びしてしまった為、こぼれ球を全部アメリカの選手に拾われてしまい、ボールキープの糸口さえも掴めない状態でした。
アメリカは年明け早々から始動して今日が実質4試合目、方や日本は今年最初の試合という点を差し引いても酷過ぎやしませんか?

経験がある、実績があると言うだけでスタメン切符を与えるやり方が本当にイイのか? ジーコ君!?

一方、後半から立て続けにメンバーチェンジをして登場した若手選手は運動量も豊富。
ワールドカップメンバーに生き残ろうと必死のアピールが伝わってきました。


日本代表は若手の出場で追撃!

画像は、選手交代でピッチに入ろうとする安部(ジェフ千葉)と長谷部(浦和レッズ)、そして追撃のヘッドをぶち込んだ巻(ジェフ千葉)。

後半はシステムを3-5-2そしてボックス型の4-4-2に変えたことも功を奏しているけど、巻と共に後半から出場した佐藤を加えた若手4人が長い距離を走ってリズムを引き寄せたのは間違いないね。

特に長谷部は今チーム最年少の21歳だけど小生一押しの選手。
未だ代表には選ばれていないけどヴェルディからレッズに移籍した相馬と長谷部は共にドリブルで強引に突っかけていけるところが魅力。
経験不足は否めないけど、こう言う選手をもっと使って欲しいんだよな~。

やっぱり日本人選手に多いパサーだけじゃダメなんです!
走れないヤツ、ゴールに向かって勝負できないヤツは去るべきなのです。

なっ、そう思わないか!Pooh。


飼い主に突っ込むお馬鹿犬

えっ!?それは...あははは
お前、見かけによらず厳しいなぁ~!

ブタ鼻 

先日、TVのニュースでこんなことを採り上げていました。

訓練を受けた犬が、人間の吐く息で癌を嗅ぎ分ける研究が進んでいると言うのです。
TVに出てきたのは、ラブラドール。
健康な人と癌を発病した人の吐いた息を詰め込んだ容器を幾つか並べ、順番に臭いを嗅がせると、癌患者の容器を見つけた場合はその容器の傍に横たわって教えていました。

的中率は何と90%ととな。

これなら当てにならない検査をシコタマやらなくても、癌を早期に発見できます。
犬は凄い!

そこでPoohにも試しにやらせてみました。
はたして小生が癌に侵されているか、見分けることが出来るでしょうか。



飼い主の癌を見つけることが出来るか?お馬鹿犬




舐めろ!何て言ってないよ~

こらーーーっ!舐めろって言ってねぇだろ~~!!
も~、分かってねぇな~...


んじゃ、もう一回。



再度のチャレンジ!結果は如何に...

おっ!?何か感じ取ったか・・・?



お前の鼻はブタ鼻か!?

くぅーーー!
誰が虫歯を発見しろっつったーーー!!


お前の鼻は “ブタ鼻” か!?

ピッチングマシン 

目下一番のお気に入り

少しピンボケですが、これ・・・目下一番のお気に入りのオモチャです。

以前マブダチのミニョン君のところから戴いたものなのですが、封を開けてPoohに与えて以来、他のオモチャには目もくれずに遊んでいます。
★の形をしていますが、一体何のキャラクターなのだろうか?

この★のオモチャにゾッコンなPoohは、一人で遊んでくれればイイのに、小生が帰ってきた途端に“待ってました!”とばかりに咥えてきて「遊ぼう~。」とせがんで来ます。

そしてこの“★”を小生は投げてやるのです。


投げれば取って来る...当たり前の犬の本能

Poohは走って拾ってきます。
当たり前のことですが、これを期待していたのです。


また投げろと期待の眼差し

また投げろと誘ってます。
この★は、ボールじゃないんだけど・・・仕方ないので投げます!


投げれば返す?とは行かないのがはかない性

またまた拾ってきます。
これを延々と繰り返します。

5回・・・10回・・・20回

小生の帰りが早い時も遅い時も、毎日これをやらされます。


それでも飽きずにPoohは期待に満ちた眼差しを投げかけるのです。
こんな風に。


いつまでやるすのか?飽きないお馬鹿犬

さながら小生は“ピッチングマシン”です。

連戦連投にも拘らず並居る強打者をねじ伏せたあの往年の大投手、“神様仏様稲尾様”の稲尾投手も顔負けの投球数になりつつあります。
いずれ投げ過ぎで肩を壊すかもしれません。
エースが肩の故障で戦列から離れたら、誰がリリーフをするのでしょうか?

せめて今風に専属トレーナーでもいればイイのですが、我が家には小生を労わってくれる者などどこにも居りません。

あ~、小生は悲運の迷?投手。


はいはい、分かりましたよ。

まだやるの~~~!?

はした金には用は無い! 

突然のトラブル発生!
我が家の炊飯器が壊れたらしく、家に帰るとPoohママとHIROはヤマダ電機に炊飯器を買いに行っていました。

間もなく帰ってきたPoohママの話しでは、今夜のご飯はかろうじて炊けたものの、スイッチを押しても殆ど言うことを聞かない状態らしいのです。
もう買ってから7~8年も経つので、壊れてもおかしくない筈です。
しかし金欠病の我が家にとって突然のトラブルに対処出来るほどの持ち合わせも無く、2万円以上する圧力IH炊飯器は断念せざるを得ず、16,800円の炊飯器を買って来たのだそうな。

この炊飯器、美味しく炊けるのだろうか???


急遽買って来た炊飯器


さて話は変わりますが、小生が夕飯を食べていると徐にPoohママが3,000円を出してこう言い始めたのです。

「年末の宝くじがね、3,400円当たったの。それでアタシが400円を貰うから3,000円返すね。」って...

毎回忘れた頃に宝くじの結果をPoohママに確認しに行ってもらうのが我が家の恒例なのですが、「3,000円貰うから400円返すね。」って言わなかっただけまだマシです。
だけど3,000円はちと寂しい!
その3,000円を眺めながら、ねぎさんまんぞぉさんと競っている新車購入レースも、宝くじで高額当選金を引き当てない限り実現しない訳で、また暫くシコシコと夢を買いに行く生活を続けねばなるまいと溜息をつくのでした。
そして3,000円で何が食えるだろうか?とぼんやりと思いを馳せていたところ、ハタっと我に返り決断したのです。

そうだ!小生はこんなはした金には用は無いのであ~る!!

そうなのです。夢は大きく1等賞であって、はした金で喜んでいるようでは“男がすたる!”のです。
覚えている方もいらっしゃるかもしれませんが、一年前の年末ジャンボ宝くじで1万円が当たった時にもスマトラ島沖地震の義援金として全額寄付したのです。
それが“男の美学”なのです。

で、今度は昨年よりも遙かに少ない金額なので、子供達の小遣いとしてくれてやる事にしました。
CHIKAに2,000円、そしてHIROに1,000円。
二人とも思わぬ収入にニコニコです。。。
可愛いもんだぜ!ふぁっはははは~。

でも何かが抜けているような・・・


宝くじの御利益に与れなかったお馬鹿犬

あっ、お前のこと忘れてた...

上達はハンドラーの腕次第 

昨日と比べると風が弱く、日差しも感じられる。
これならPoohと走るのにも苦痛にならない。

昨日のオビに続いて今日はオープンのレッスン。
相変わらず地面はドロドロだけど、気分は前向きになりますな~。

さて今日のレッスンは、タイヤとハードルとトンネルの組み合わせ。
練習コースはこんな感じです。


今日の練習コース

個々の障害は問題なくクリアー出来るのですが、連続で走らせるのが今日の目標。

最初はコースアウトの連続で、最後まで続けてクリアー出来なかったのですが、N先生から小生の体の向きをPoohに向ける為の足の運び、そして立ち位置などをアドバイス頂いた結果徐々に感じ良くなりました。

先生の言う通り、小生次第でPoohのコース取りが見事に違ってくるからこれは面白い。
自分でもイイ位置にいて、タイミング良くコマンドと手の動きで誘導することが出来るとPoohもスムーズに走ってくれることを実感。
“これぞアジリティーの醍醐味!”と一人偉そうに納得するのでした。

そこで練習後に撮ったPoohの走りをご紹介。




かなり画像が揺れていますが、何しろPoohを誘導しつつ自分も走りながらの撮影なので、お見苦しい点はどうぞご容赦下さいませ!

それで今日は気持ち良くアジから帰ったのですが、何しろ下がぬかるんでいた為にPoohも小生も泥だらけ。
さすがにそのままではPoohを家の中で自由にさせられないので、Poohはシャンプーの餌食となりました。


謎の生命体登場・・・泥んこまみれはシャンプーでスッキリ!

謎の生命体現る!

これでPoohも奇麗サッパリ、小生も熟睡できそうです。

不動のワースト1 

さっぶぅーーー!!
なんでこんなに寒いんじゃーーー!


空は晴れ渡っているのに、北風が強くて頭が“ガン!ガン!”するよ~。

予約してたので仕方なくオビのレッスンに行って来たけど、「もう勘弁してくれぃ~!」って感じでした。
それに霜が降りたせいか、フィールドの1/3位はドロドロだったし。
こんな日は小生の気分も乗らないし、それを敏感に感じ取ったPoohも集中力がすっ飛んじまって・・・
挙句の果ては、オビの練習なのに“待て”が出来ずに脱走!
トンネルの中に隠れちまっただよ...

そんな最悪の状態でもY先生は来週の練習会(クラブコンペ)に出ないかと、熱心に誘うんだよね~。
誘ってくれた先生には悪いけど、ハッキリ言っちゃいました。
「まだ無理でしょう。だってPoohは基本姿勢もまともに出来ないんですよ~。それに、こんな寒い時期はさすがにパスします~!」って。

それでも粘る先生はこう言うのです。
「イブちゃんも今度デビューするんですよ~。」

えっ、ラブラドールのイブちゃんがデビューするって?
ガーーーン!!ショック・・・

何故ならイブちゃんとイブちゃんのお父さんのペアは、ちょっと前まで小生とPoohのペアとワースト1劣等生を争っていた仲なのです。
それが最近イブちゃんはメキメキ上達しちゃて、遂に練習会デビューも果すとは・・・
これはもはや、ワースト1の座は揺るぎないものになったと言うことか!
トホホホホ。

と言うことで不動のワースト1と言う確固たる地位を固めたPoohと小生は、悪びれることもなく、明日もオープンのレッスンにも出向く予定なのですが、これだけ寒いと写真を撮る気にもなれずレッスンが終わるやいないやサッサと家に帰ってきたのです。

それでブログの更新に使う写真も無く、今日は家でちょこっとやったオビの復習風景を動画でUPしてみることにしました。






なんだか“ギィィーー、ゴトゴトゴト”と聞きづらい変な音が入っていますが、動画を撮影したコンパクトデジカメの音のようです。
まだ買って1年半しか経っていないのに、そろそろ壊れるのかもしれません???

まっ、とりあえず使えるうちは、これからも時々動画をUPしようかと思いますので、どうぞお楽しみに。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。